診断職人の創作日記

Twitterなどで遊べる診断を紹介するブログです。

漫才「性格の問題で恋愛できない印象」

 

 たまです。

 

 こちらは私が作った診断を紹介しているブログです。

 

 では今回ご紹介する診断はまずこちら。

 

 

appli-maker.jp

 

 

 あなたの印象をフォロワーに聞いたらどうなるか予想する診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

Aさん「天然だと思う」
Bさん「敵に回したくない」
Cさん「優しい」
Dさん「悪い人じゃないよ」
Eさん「わからない」

 

 

 Aさん、などはフォロワーさんのお名前です。

 

 天然ではないと思いたい。

 

 では続いてこちらの診断をご紹介します。

 

 

appli-maker.jp

 

 

 あなたの恋愛の問題点をツイートから予想する診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

・佐藤が好きすぎる
・そうめんを優先しちゃう
・現実を見ていない

 

 

 現実って何?

 

 では続いてこちらの診断をご紹介します。

 

 

appli-maker.jp

 

 

 あなたの今年の推しを振り返り、来年の推しを予想する診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

あなたの今年の推しは「佐藤さん」

来年のあなたの推しは「佐藤さん」

 

 

 特に佐藤という名字にこだわりがあるわけではないのですが……。

 

 では続いてこちらの診断をご紹介します。

 

 

shindanmaker.com

 

 

 あなたの表と裏の性格を予想する診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

たまさんの表の性格は「おとなしい」、裏の性格は「照れ屋」

 

 

 なんか当たっているような気がしますね。

 

 では最後にこちらの診断をご紹介します。

 

 

appli-maker.jp

 

 

 あなたのツイートから漫才を作る診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

「ヨルシカです」
「佐藤です」
『二人あわせて「イベント仮装」でーす」
(拍手の音)
「はい、どうも。今日は漫才の定番ネタをたま(蟹井克巳)さんっぽくしたらどうなるか、やってみたいと思います」
「いいね。じゃあ、まず『出前』のネタ、いきましょうか」

「お待たせしました。猫パンチ屋です」
「遅いわ!何してたんだよ?」
「道路で流行語工事やってまして」
「道路で?おかしいだろ。遅くなった分、ちょっとおまけしてよ」
「じゃあ、こちら、サービスのホラーゲームになります」
「なにそれ!」

「いや、面白くないわ」
「そうだな。じゃあ、『予約』なんてどう?」
「いいね。やってみよう」

「はい、お電話ありがとうございます。旅館『作曲屋』です」
「すげえ名前だな。あの、予約をしたいのですが」
「えー、たくあんの予約ということでよろしいでしょうか?」
「違います!そちら、宿ですよね?泊まりたいんですけど」
「隣?たくあんの隣にイヤホンでよろしいでしょうか」
「違う、違う!隣、じゃねえよ!泊まり、だって!」
「予約ありがとうございましたー(電話を切る音)」
「人の話を聞けー!」

「いや、面白くないわ」
「おかしいな。じゃあ、『肝試し』なんてどう?」
「いってみよ」

「今度、科捜研に肝試しに行こうと思ってましてね」
「科捜研に!?そんなとこに霊なんて出るの?」
「出るよ。コーンポタージュに未練があるらしいわ」
「コーンポタージュに? それで?」
「耳元でささやくんだって。『頑張イヤホン…』って」
「意味わかんない!」

「いや、面白くないわ」
「違うな。じゃあ『父と息子』なんてどう?」
「やってみるか」

「佐藤!学校から連絡あったぞ!おまえ、学校でマイクラやったらしいな!」
「それがどうしたんだよ?」
「父さん、情けないぞ!俺はおまえをそんなそうめんに育てた覚えはない!」
「俺もそうめんになった覚えはねえよ!」
「父さんな、おまえには不思議で難しい子になってほしかった」
「なんで!?」

「いや、面白くないわ」
「なんでだろうね?じゃあ、最後に『強盗』ネタで勝負しよ」
「お、いいね」

「強盗だ!大喜利を出せ!」
大喜利!?お金じゃなくて?うち、コンビニなんで置いてないんですけど」
「じゃあ、キウイフルーツだ!この袋にキウイフルーツを詰めろ!」
「いや、コンビニなんで。現金じゃダメですか?」
「ダメだ!じゃあ、ゲシュタルト崩壊を……」
「ねえよ!」

「いや、面白いわ」
「面白かったの!?今のが!?」
「では皆さん、最後になりますが、僕らの名前だけでも覚えて帰ってくださいね。以上、『総合シャツ』でしたー」
「コンビ名、変わってんじゃねえか!もういいよ」
『ありがとうございましたー』

おしまい。

 

 

 ややウケ。

 

 では今回はここまで。

 

 また次回。