診断職人の創作日記

Twitterなどで遊べる診断を紹介するブログです。

おなかが空く昔話とあなたと仲良くなるための研究報告

 

 どうも、どうも、たまです。

 

 今回ご紹介する診断はまずこちらから。

 

 

appli-maker.jp

 

 

 あなたがおなか空いたと言ったらフォロワーはどうするかという診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

Aさん「(´~`)モグモグ」
Bさん「僕の顔をお食べよ」
Cさん「同じく」
Dさん「さっき食べたでしょ」
Eさん「可哀想に」

 

 

 Aさん、などはフォロワーさんのお名前です。

 

 ア○パ○マンさんがいらっしゃいますね。

 

 では続いてこちらの診断をご紹介します。

 

 

appli-maker.jp

 

 

 あなたについての研究報告書を作る診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

・よく作るようです
・佐藤推しのようです
・「ありがとう」という言葉をよく使う
・猫パンチに感動する
・そうめんに感情的になる

 

 

 おのれ、そうめん!

 

 いつも美味しくてありがとうな!

 

 では続いてこちらの診断をご紹介します。

 

 

shindanmaker.com

 

 

 あなたと仲良くなる人の名前を予想する診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

たまと仲良くなる人は「和成・翔大・龍希・結・美佳・陽子」です。

 

 

 知り合いには居ませんねえ。

 

 では最後にこちらの診断をご紹介します。

 

 

appli-maker.jp

 

 

 あなたを昔話風に紹介するとどうなるかという診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

 昔々、石川にたま(蟹井克巳)という猫パンチツイッタラーがおりまして、コーンポタージュから生まれたり、Uに結婚相手しに行ったり、佐藤をお供に鬼退治に行ったり、子供たちにいじめられていたわたあめを助けてそうめん城に連れて行ってもらったり、魔法のゲシュタルト崩壊から世界で一番新しいと言われたり、お城にガラスのホラーゲームを置いてきちゃったり、枯れ木に陽キャを咲かせたり、川に普通のイヤホンを落としたり、和太鼓で家を作ったり、雪が降る中でたくあんを売って歩いたり、マイクラと流行語を交換して長者になったり、自分の羽根で大喜利を作ったりしましたとさ。めでたしめでたし。

 

 

 たくさんのおとぎ話が元ネタになっているのですが、皆さん、いくつわかりましたか?

 

 では今回はここまで。

 

 また次回。

 

 

 

 

推しの認識は転生した結婚相手

 

 どうも、たまです。

 

 今回、ご紹介する診断はまずこちらから。

 

 

appli-maker.jp

 

 

 あなたの推しが言うセリフを予想する診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

佐藤「もう、嘘つき…」
克巳「寝顔、可愛かったよ」
蟹井「ずっと一緒に居よう」
わたあめ「なんでこんなに好きになっちゃったんだろ?」
ジョージ「頑張ってるね」

 

 

 わたあめに好かれたようです。

 

 では続いてこちらの診断をご紹介します。

 

 

appli-maker.jp

 

 

 フォロワーはあなたを何と認識しているか予想する診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

A「誰?」
B「伝説」
C「天使」
D「アイドル」
E「こども」

 

 

 どうも、天使です。

 

 ちなみにアルファベットはフォロワーさんのお名前です。

 

 では続いてこちらの診断をご紹介します。

 

 

shindanmaker.com

 

 

 あなたの結婚相手を占うという診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

~たまの結婚相手~
出身:北海道
年収:150万円
身長:190㎝
髪色:茶
あなたとの歳の差:+4歳

 

 

 大きいんですね。

 

 では最後にこちらの診断をご紹介します。

 

 

appli-maker.jp

 

 

 あなたが転生したらどんな世界なのかという診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

 今、たま(蟹井克巳)は森の中を全速力で逃げていた。後を追うのはイヤホンのような見た目の蜘蛛だ。

 さっきまで自分の部屋で猫パンチしていたはずなのにー!

 あ、しまった! 足がもつれて! 転ぶー!

 その時だった。
 
「マイクラレインボー!」

 何者かの叫び声と共に目の前で蜘蛛は吹っ飛んだ。

「大丈夫でしたか? 勇者様」

 腰が抜けたたま(蟹井克巳)にそう話し掛けてきたのはコーンポタージュのような鎧をまとった美少女だった。

 

 一緒に歩きながら彼女から聞いた話をまとめるとこうなった。

 彼女の名前はマイクラ、王族に仕えるたくあん武術家とのことだった。

 まずここは「コーンポタージュオリンピック」と呼ばれている世界で、たま(蟹井克巳)が暮らしていた世界とは全く違う異世界だった。

 そしてこの世界では、三年前、伝説の存在にすぎなかった「魔神イヤホン」が復活し、人類は滅亡の危機を迎えているという。

 しかしこの世界には古くから言い伝えられてきた伝承があった。

 世界が闇に包まれし時、転生の儀式によって異世界から召喚された四人の勇者が闇を晴らすであろう。

 儀式には希少な魔法素材と膨大な魔力が必要で、この世界でも最高峰の力を持つ王宮魔術師たちであっても一年に一度しか儀式を執り行うことが出来なかった。

 三年前、二年前、一年前、そして今回。

 つまりたま(蟹井克巳)は四人目の勇者としてこの世界に転生させられたのだ。

 

 二人はブーム城に着いた。

 そこにはグッズ王と王宮魔術師の長、そして三人の先輩勇者たちがいた。

「まずは突然そなたの意思と関係なくこの世界に招いたこと、申し訳なく思っている。それに召喚の儀式が上手くいかず、モンスターが巣くう危険な森に出現させてしまった。慌ててマイクラを派遣したが、間に合って良かった」

 王はそう言って頭を下げた。

「しかしわかってほしい。今、この世界は滅亡の危機を迎えているのだ。お前の力が必要なのだ」

 王がそう言うと王宮魔術師が一歩前に出た。

「ではあなた様の力を測らせて頂きます。お手を前に」

 たま(蟹井克巳)が手を差し出すと魔術師はそれをそっと握った。

 僅か数秒、魔術師の表情が変わった。

「これは……、あなたからは『大喜利』の力を感じます。『大喜利』というものが何なのか、私にはわかりませぬが」

「あらゆる知識に精通したそちでもわからぬか。面白い。では勇者たちよ、新たな仲間に自己紹介をするがよい」

 王がそう言うと勇者たちは一人ずつ自己紹介を始めたのだが、驚くべきことに勇者たちは三人とも向こうの世界の有名人だった。

 

 最初の勇者の名はジョージ、流行語剣士としてすでにかなりのレベルに達していた。

 次の勇者はわたあめ、そうめん魔導師である。

 そして前回召喚された佐藤はゲシュタルト崩壊神官のスキルを持っているという。

 

 ついにそろった四人の勇者たち。

 これから彼らの旅に何が起きるのか、それはたま(蟹井克巳)のツイートだけが知っている。

 

 ~次回に続く?~

 

 

 ギャグマンガかな?

 

  では今回はここまで。

 

 また次回。

 

 

 

 

大泣きしていたら推しのウラシマタロウが人生を変えてくれた

 

 たまです。

 

 今回ご紹介する診断はまずこちらから。

 

 

appli-maker.jp

 

 

 あなたが大泣きしていたらフォロワーさんはどんな反応をするかという診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

A「遊びに誘ってくれる」
B「話を聞いてくれる」
C「アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ」
D「もらい泣き」
E「叱ってくれる」

 

 

 アルファベットはフォロワーさんのお名前です。

 

 皆さん、お優しいですね。

 

 では続いてこちらの診断をご紹介します。

 

 

appli-maker.jp

 

 

 推しはあなたの思いにどう応えてくれるか予想する診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

あなた「ファンです!」

佐藤「大喜びする」

 

 

 どこの佐藤さんかわからないですが、喜んでもらえて良かったです。

 

 では続いてこちらの診断をご紹介します。

 

 

shindanmaker.com

 

 

 あなたの人生を変える人を予想する診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

たまさんの人生を変えるのは川合です。

 

 

 川合俊一さんでしょうか?

 

 私、バレーは得意じゃなかったんですよね。

 

 では最後にこちらの診断をご紹介します。

 

 

appli-maker.jp

 

 

 あなたのツイートを元にカタカナだらけの浦島太郎を作るという診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

 昔々ある村にイヤホンタロウという若者がいました。

 ある日、彼がグッズビーチを通り掛かった時のことです。チルドレンが騒いでいるので覗いてみると、彼らはホラーゲームを捕まえてみんなでいじめていました。

「可哀想に。リリースしなさい」

「ノー。やっとキャッチしたんだ。嫌だね」

 イヤホンタロウは懐からボーナスを取り出し、チルドレンに差し出しました。

「このボーナスをあげるからミーにホラーゲームを譲ってくれないか?」

「リアリー? オーケー♪」

 こうしてイヤホンタロウはチルドレンからホラーゲームを受け取るとそっとシーへ逃がしてやりました。

 それから数日経ったある日のこと。イヤホンタロウがホラーを釣っていると誰かが自分を呼ぶ声がします。

「おや、誰だい? 私を呼んでいるのは?」

「私ですよ」

 そう言ってひょっこり現れたのはホラーゲームでした。

「この間はヘルプして頂き、サンキューでした。おかげで命拾いしました。ところでイヤホンタロウさんはオリンピックキャッスルへ行ったことがありますか?」

「オリンピックキャッスル? 聞いたこともないよ」

「では助けて頂いたお礼に私がお連れします。さあ、私の背中に乗ってください」

 こうしてイヤホンタロウはホラーゲームに連れられて海の中へと入っていきました。

 海の中ではマイクラがユラユラとゆれ、赤やピンクのパンチの林がどこまでも続いていました。

「さあ、着きました。ここがオリンピックキャッスルです。さあ、こちらへ」

 ホラーゲームに案内されて進んでいくと、目の前に色とりどりのカエルを従えた美しい女性が現れました。

「ようこそ、ミスターイヤホン。私はこのオリンピックキャッスルの主人、プリンセスブームと申します。先日はうちのホラーゲームを助けていただき、ありがとうございます。お礼がしたいのでゆっくりしていってくださいね」

 それからイヤホンタロウはたくさんのごちそうを頂いたり、カエルたちのダンスをエンジョイして過ごしました。

 そして、あっという間に三年の月日が経っていたのです。

 ふとファミリーや村のことを思い出したイヤホンタロウはプリンセスブームに一度帰りたいと申し出ました。

 すると彼女は寂しそうにこう言いました。

「寂しくなりますが、仕方ありませんね。ではオリンピックキャッスルに来た証として、おみやげに、このゲシュタルトボックスを差し上げましょう。でも決して開けてはなりませんよ?」

「はい、わかりました。ありがとうございます」

 姫と別れたイヤホンタロウはまたホラーゲームに送られて地上へ帰りました。

 地上に戻った彼は驚きました。そこは自分の知っている村ではなく自分のハウスも見当たらなかったのです。

 途方に暮れた彼は近くに居た一人の老人に尋ねてみました。

「エクスキューズミー。この辺にイヤホンという家はありませんでしたか?」

「イヤホン? ああ、そういえば、確か、数百年前にそんな名前の人がホラーゲームの背中に乗って海に潜ったまま行方不明になったという伝説がありますよ」

「なんですって! 数百年!?」

 イヤホンタロウはがっくりと肩を落としました。地上ではそんなに時間が経っていたのか……。もう家族や私を知っている村の人たちはいないということか……。

 寂しさが彼を襲いました。その時ふと持っていた箱が目に入ったのです。

「そう言えば、これには何が入っているんだろう? 開けるなとは言われたが……」

 オリンピックキャッスルが恋しくなった彼は開けてはいけないと言われたゲシュタルトボックスを開けてしまいました。

 箱の中から真っ白の煙が出てきました。

 するとなんとイヤホンタロウはオタクコーンポタージュになってしまったのです。

 おしまい。

 

 

 オタクコーンポタージュってなんだ?

 

 それでは今回はここまで。

 

 また次回。

 

 

 

 

好きなタイプは部屋で恩返しする仕事が向いてない人

 

 どうも、たまです。

 

 今回ご紹介する診断はまずこちらから。

 

 

appli-maker.jp

 

 

 あなたの推しからあなたの好きなタイプを予想する診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

佐藤
克巳
蟹井
佐藤愛
三遊亭円楽

あなたの好きなタイプは歌が上手い人ですね?

 

 

 円楽師匠って歌が上手いんだ?

 

 では続いてこちらの診断をご紹介します。

 

 

appli-maker.jp

 

 

 あなたと部屋で二人になった時のフォロワーの反応を予想する診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

Aさん「一定の距離を保つ」
Bさん「何か一緒にしたいことある?」
Cさん「どどど、どうしよ!?」
Dさん「本音で話す」
Eさん「いま付き合っている人いる?」

 

 

 皆さん、仲良くしてね?

 

 では続いてこちらの診断をご紹介します。

 

 

shindanmaker.com

 

 

 あなたに向いていない職業を予想する診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

たまさんに向いてない職業は
酪農家です。

 

 

 確かに生き物を扱うのは大変そうなお仕事ですからね。

 

 では最後にこちらの診断をご紹介します。

 

 

appli-maker.jp

 

 

 あなたの推しが登場する「鶴の恩返し」のような物語を作る診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

 たま(蟹井克巳)が関東の(ピーッ)へイヤホンしに出掛けた帰りのこと。

 佐藤が罠に掛かってもがいているのを見つけました。

 たま(蟹井克巳)は可哀想に思い、佐藤に絡みついた大喜利を外して逃がしてやりました。

 その夜のこと。突然、表の戸を叩く音がしました。

 たま(蟹井克巳)が戸を開けてみると、そこにはゲシュタルト崩壊っぽい娘が立っていました。

「ホラーゲームの用事に行く途中、道に迷ってしまい、やっとの思いで、こちらを見つけました。どうか一晩泊めてください」

 たま(蟹井克巳)は「それはお困りだろう」と快く、娘を中に入れてやりました。喜んだ娘は、その晩、たくあんの手伝いなどをしてくれました。

 その後、娘はたま(蟹井克巳)の仕事を毎日手伝うようになり、二人は一緒に暮らすようになりました。

 ある日のことです。娘は「流行語を作りたいから材料のそうめんを買ってもらいたい」とたま(蟹井克巳)に頼んできました。

 言われたとおりにすると、彼女は部屋に閉じ籠もり、「終わるまで決して部屋を覗かないでください」と言って、流行語を作り始めました。

 それから数日間、娘は部屋から出てきませんでした。たま(蟹井克巳)が心配しているとようやく扉が開き、娘が出てきました。

 それは見事な流行語でした。たま(蟹井克巳)がそれを関東に持っていくと、マイが驚くほどの高値で買ってくれました。

 それから何度も同じことがあり、どうしても気になったたま(蟹井克巳)はこっそり部屋を覗いてみました。するとそこに娘の姿はなく、なんと佐藤が自分の一部とそうめんを組み合わせて流行語を作っていたのです。

「覗いてしまったのですね…。もうお別れです」

 そう言った佐藤は「オリンピック!オリンピック!」と鳴きながら、石川の方へ飛び去ってしまいました。

 たま(蟹井克巳)は後悔し、いつまでも佐藤が飛び去った方を見つめ続けましたとさ。

 おしまい。

 

 

 佐藤はオリンピックに出たかったのかな?

 

 では今回はここまで。

 

 また次回。

 

 

 

 

「OFUSE」に登録してみました

 

 こんにちは、「たま」と申します。

 

 ツイッターなどでよく見かける「診断」を作っている者です。

 

 さて、診断を作れるウェブサービスにはいくつかありますが、その代表格である「診断メーカー」に「送るリンク」という新機能が追加されたようです。

 

 こちらは「OFUSE」というウェブサービスを診断メーカーのマイページに登録できる機能とのこと。

 

 では「OFUSE」とはどんなサービスかというと、「クリエイターがファンの方からのファンレター+投げ銭を受け取ることができる」というものなのだそうです。

 

 面白そうだったので私も登録させていただきました。

 

 私のマイページはこちらです。

 

ofuse.me

 

 「診断」は今やツイッターのトレンド入りすることも珍しくありませんし、頻繁には遊ばなくても面白そうなものを見掛けたらやってみるくらいの方は多いのではないでしょうか?

 

 ただ、それだけ定番のジャンルになったにも関わらず、それを作る人間(私は診断職人と呼んでいますが)が注目を浴びることは全くと言っていいほどありません。

 

 例えば、ユーチューバーとかVTuber(バーチャルユーチューバー)とかネットを中心に活動している小説家や漫画家さんなら、誰でも一人くらいは名前を思い浮かべられると思います。

 

 でも「診断」って不思議なもので、診断自体がどんなに流行ってもそれを作った人間が居るという当たり前のことすら忘れられている気がします。

 

 ちょっと寂しいです。

 

 今回、自分が「OFUSE」に登録したのは「診断職人もクリエイターだと認めてもらいたい」というアピールの目的もあったりします。

 

 ここだけの話ですが、私は2012年の冬頃から診断の創作を始めて、診断メーカーとアプリ☆メーカー合わせてこれまで一万を超える診断を作ってきました。

 

 診断メーカーの方では一番評判が良かったもので50万人以上の方に遊んでいただきまして、アプリ☆メーカーの方では閲覧者数100万人超えの作品が8つほどあって、そのうち二つは閲覧者数200万人以上になっています。

 

 改めて診断メーカーとアプリメーカーの私のマイページを載せておきますので良かったらご覧になってみてください。

 

shindanmaker.com

 

appli-maker.jp

 

 

 それでは今後も楽しく遊んでいただける診断を目指して創作を続けていきたいと思うので応援のほどよろしくお願い致します。

 

 ではまた。

 

 

 

 

アニメの主人公と会った瞬間したい余計なこと

 

 どうも、たまです。

 

 今回ご紹介する診断はこちらです。

 

 

appli-maker.jp

 

 

 あなたと推しが会った瞬間始まることを予想する診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

あなたと佐藤が会った瞬間始まることは・・・
_人人人人人_
> 様子見 <
 ̄Y^Y^Y^Y^ ̄

 

 

 まあ、そうですよね。

 

 では続いてこちらの診断をご紹介します。

 

 

appli-maker.jp

 

 

 フォロワーさんがあなたにしたいことを予想する診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

Aさん「放置したい」
Bさん「コスプレさせたい」
Cさん「友達にしたい」
Dさん「応援したい」
Eさん「そっとしておきたい」

 

 

 Aさんなどはフォロワーさんのお名前です。

 

 放置しないで。

 

 では続いてこちらの診断をご紹介します。

 

 

appli-maker.jp

 

 

 あなたがアニメの主人公になったらどうなるかという診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

第一話「コーンポタージュの詩」
第二話「炎のマイクラ
第三話「ゲシュタルト崩壊をねらえ!」
第四話「悪魔の流行語」
第五話「寝落ちとせつなさと心強さと」
第六話「誰かが私にイヤホン」
第七話「ホラーゲームのおきて」
第八話「些細なたくあん」
第九話「大喜利ーミン」
第十話「新世紀出演決定」
第十一話「そうめんの六時間」
最終話「母をたずねて猫パンチ」

 

 

 面白そう?

 

 では最後にこちらの診断をご紹介します。

 

 

appli-maker.jp

 

 

 桃太郎の物語にあなたっぽい一言を付け加える診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

 昔々ある所に出演決定お爺さんとコーンポタージュお婆さんが一緒に暮らしていました。

 ある日、出演決定お爺さんはマイクラ山にしば刈りに、コーンポタージュお婆さんは流行語川へ洗濯しに行きました。

 コーンポタージュお婆さんが洗濯していると、川上から大きな桃とゲシュタルト崩壊ゲシュタルトゲシュタルトと流れてきました。

 コーンポタージュお婆さんは出演決定お爺さんに良い土産が出来たと喜んで、桃だけを拾い上げると家に持ち帰りました。

 そしてマイクラ山から戻った出演決定お爺さんと一緒に桃を食べようとすると、なんと中から元気の良い赤ん坊と佐藤愛さんが飛び出してきました。

 こどもがいなかった二人は大喜びし、赤ん坊に「桃・陽キャ・太郎」という名前を付けて、ついでに佐藤愛さんも一緒に大切に育てました。

 二人はすくすく成長し、ある日、桃・陽キャ・太郎がこう言いました。

「僕たち、鬼が島へ行って、みんなを困らせる悪い部活動鬼を退治してくるよ」

 コーンポタージュお婆さんにきび団子とたくあん団子を作ってもらった桃・陽キャ・太郎は佐藤愛さんと一緒に鬼が島へ出発しました。

 旅の途中、イヤホン犬、自由研究猿、大喜利雉と出会った二人はきび団子、またはたくあん団子をあげて三匹を仲間にしました。

 鬼が島では部活動鬼たちが近くの目覚まし時計村から奪ってきたごちそうを並べてそうめん宴会を行っていました。

「よし、今だ! かかれ!」

 桃・陽キャ・太郎が合図すると三匹と佐藤愛さんは一斉に部活動鬼に襲い掛かりました。

 そして桃・陽キャ・太郎もホラーゲーム剣をふり回して大暴れし、部活動鬼たちはあっという間に蹴散らされ、とうとう鬼の親分は泣きながら降参を宣言したのです。

 桃・陽キャ・太郎は鬼から取り返した宝物と猫パンチを持ち帰り、みんなで幸せに暮らしましたとさ。

 めでたしめでたし。

 

 

 桃太郎って陽キャですよね。

 

 では今回はここまで。

 

 また次回。

 

 

 

 

眠そうな推しと特徴的な漫才

 

 どうも、たまです。

 

 今回ご紹介する診断はまずこちらから。

 

 

appli-maker.jp

 

 

 あなたが眠そうだったらフォロワーさんはどうするか予想する診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

Aさん「先に寝ちゃうよ」
Bさん「(ΦωΦ)フフフ…」
Cさん「お布団敷こうか」
Dさん「寝ろ」
Eさん「隣で寝ていい?」

 

 

 騒がしくて寝られなさそう。

 

 では続いてこちらの診断をご紹介します。

 

 

appli-maker.jp

 

 

 あなたがよくつぶやく人名をランダムに三つ表示するので全部揃ったらあなたの推しへの愛は本物という診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

【克巳】【佐藤】【蟹井】

 

 

 全く揃いませんでした。

 

 ちなみに蟹井克巳は私が小説を書く時のペンネームです。

 

 では続いてこちらの診断をご紹介します。

 

 

appli-maker.jp

 

 

 あなたのツイートからあなたの特徴を十個上げる診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

・予想で騒いじゃう
・そうめんに萌える
・たまを言い訳にする
大喜利に一喜一憂する
・猫パンチに感動する
・マイクラに甘い
・コーンポタージュに対して慎重
・評価で笑い転げる
・ももに対する理想が高い
・特徴職人

 

 

 ん? あ、うん、当たっているかなあ?

 

 では最後にこちらの診断をご紹介します。

 

 

appli-maker.jp

 

 

 あなたと推しが漫才したらどうなるかという診断です。

 

 ではやってみます。

 

 

「佐藤です」
「たま(蟹井克巳)です」
「「二人合わせて『爬虫類シンボルマーク』でーす」」
「突然だけど、たま(蟹井克巳)さん、性格診断やりません?」
「質問に答えると性格がわかる奴ね。やりましょう」
「では好きな飲み物は」
「たくあん」
「コンビニでよく買うものは」
「流行語」
「習い事、何やってた」
「アイコン」
「どんなバイトやった」
ゲシュタルト崩壊
「得意なことは」
「コーンポタージュ」
「……ちょっと、たま(蟹井克巳)さん、真面目に答えてよー」
「真面目に答えてるわい! それで、私の性格は?」
「控えめで深い性格」
「違うわ! じゃあ、今度は私が質問するから佐藤さんが答えてみてね」
「いいよー」
「好きな映画は」
「そうめん」
「あなたはどんな恋愛をする?」
「猫パンチ」
「集めている物は」
「イヤホン」
「好きなマンガは」
大喜利
「好きな芸能人は」
「マイ」
「……ちょっと、佐藤さん、真面目に答えてよー」
「それ、さっき、私が言った! それで私の性格はどうなるの?」
「佐藤さん、あなたの性格は「あがり症」、責任感は強いが必要以上に自分を良く見せようとする」
「真面目に判定するのやめろー」
「「どうもありがとうございましたー」」

 

 

 以上、控えめで深いたまがお送りしました。

 

 では今回はここまで。

 

 また次回。